会社紹介
COMPANY

Concept

MFNの理念

”メビウスの輪のように
無限大に続く
『感動』『元気』
『笑顔』『ワクワク』

を提供し、
お客様をナビゲートしたい”

About LOGO

ロゴへの想い

メビウスの輪のように無限大に続く『感動』『元気』『笑顔』『ワクワク』を提供し、
お客様をナビゲートしたい”
私たちの気持ちを羅針盤とそこに刻まれる4つの文字で表現しています。

Wakuwaku ワクワク

Impression 感動

Smile 笑顔

Energy 元気

カニ

Message

代表取締役
大屋謙司

MFNに関わる全ての人に
ハッピーになってもらいたい

私の祖父が日本橋魚市場で始めた食事処、それが当社の原点です。

それから100年余りが経ち、現在も豊洲で市場と共に歩んでいます。
私たちはこれからも飲食業を通じて、元気で明るい”大きな和”の国 日本に貢献していきたいと考えています。 そのために、私たちが携わる「外食」として提供できる価値を追求してまいります。
それは、商品に魅力を吹き込み、お客様がお食事をする空間全体を演出することです。
市場から直で仕入れる新鮮な食材を使用したプロの料理、活気のある雰囲気、ハッピーになる接客、
限定メニューやキャンペーン企画など。
いろいろな演出で、内食や中食とは違ったワクワクや楽しさをお届けしたい。

お客様と一緒にステキなひとつの空間を創る、
それこそが私たちの存在意義だと思っています。

History

沿革

ほたて
1910年頃 日本橋市場にて創業者 大屋菊太郎が市場関係者向けの食事処を始める
1923年 関東大震災後、築地に臨時の東京市設魚市場が開設された際に「大江戸」ののれんを掲げて食堂を開始
1970年 有限会社大屋を設立
2000年頃 食堂から海鮮丼専門店へと、業態を変更する
2015年10月 株式会社Mevius Food Navigationに変更
2016年8月 ハナリ食堂TOKYOをオープン(現在は閉店)
2017年3月 有限会社モトを吸収合併し「和食かとう」の運営を開始
2018年10月 市場の豊洲への移転とともに、「大江戸」「かとう」も移転
かとうは店名を「魚がし料理 粋のや」へと変更 history history
2020年01月 市場内の新施設「江戸前場下町」にテイクアウト専門店「海鮮丼 大江戸 場下町スタイル」を出店 history history

Company Profile

会社概要

さけ
会社名 株式会社Mevius Food Navigation(メビウス フード ナビゲーション)
設立 1970年
本社 〒104-0045 東京都中央区築地4-14-19 ヨンキュウ東京築地ビル4F(googlemap)
電話番号 03-6278-7986
資本金 3,000,000円
事業内容 飲食店の経営および運営(海鮮丼 大江戸、魚がし料理 粋のや、海鮮丼 大江戸 場下町スタイル)
売上高 2017年度      1億5,105万円
2018年度      2億9,000万円
従業員数 26人(2020年1月6日時点)

Access

アクセス

本社へのアクセス

東京メトロ日比谷線「築地駅」出口1から徒歩5分
都営大江戸線「築地市場駅 」A1出口から徒歩5分